そのお腹の脂肪が取れることを諦めていませんか?痩せたくても運動は苦手だし、食べることも大好きだというあなたにぴったりなダイエット法があります。ゼニカルという脂肪の吸収を防いでくれる医薬品を使うことです。当サイトで詳しくご紹介します!

ゼニカルとダンベル運動で炭水化物制限ダイエット

現代の栄養学では、炭水化物は脂肪以上に太る原因になるとされています。
つい最近までは脂肪こそが肥満のもとと考えられていましたが、そうではなく「人は炭水化物によって太る」という考えにシフトしてきています。

まだ共通理解になっているわけではなく、糖尿病治療を指導する医師の中にも、まだ従来の栄養学による指導をしている人もいます。
炭水化物:たんぱく質:脂質=6:2:2くらいのカロリーの割合でとるのが、最も治療になるというものです。
しかし、糖尿病はそもそも炭水化物の摂りすぎで症状が出るのですから、これは矛盾した考えと言えます。

炭水化物はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収されて血液中に入ると、血糖値を上昇させます。
すると膵臓からインシュリンが放出されて、体脂肪が蓄積されやすくなります。

逆に、たんぱく質や脂質はインシュリンの分泌を促さないので、体脂肪が蓄積されることはありません。
炭水化物制限ダイエットが最も効果的ということです。

また、炭水化物制限はゼニカルとも相性が良いです。
ゼニカルは脂質の吸収を抑えて痩せさせる薬ですが、糖質はカロリーカットできないからです。

他のダイエット方法としては、ダンベルエクササイズをするとシェイプアップ効果が得られます。
1~2kgくらいのダンベルを使い、高く持ち上げたり、腕を伸ばしたまま上半身を左右にひねる動作を行います。
ダンベルを持ったままスクワットしたり、胸に引き寄せるように持ち上げるなど、様々な動作を行うことで筋肉を鍛えることができます。

体重だけ落としても体が引き締まっていないという人は、ダンベルエクササイズでシェイプアップしてあげると良いでしょう。
筋肉がつくことで、冷え性改善効果も期待できます。

関連記事