そのお腹の脂肪が取れることを諦めていませんか?痩せたくても運動は苦手だし、食べることも大好きだというあなたにぴったりなダイエット法があります。ゼニカルという脂肪の吸収を防いでくれる医薬品を使うことです。当サイトで詳しくご紹介します!

ゼニカルを使う時に注意すべきビタミン不足

ジョッギングしている肥満の男性

ゼニカルは、ダイエットの為に日々継続する必要のある適度な運動や過酷な食事制限の必要性が無く、食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が期待出来る脂肪吸収阻害薬です。
ゼニカルは、マジンドールなどの食欲抑制剤の様に脳の中枢神経に作用する事が無く、服用後数日で体外に排出される安全性の高い医薬品なので、数週間~年単位での長期服用が可能な医薬品です。
その為、高度肥満症の治療薬としてだけで無く、世界各国で用法用量の簡単なダイエットピルとして人気の医薬品でもあります。

ゼニカルの作用機序としては、主要成分のオルリスタットが消化液に含有されている脂肪分解酵素であるリパーゼに作用する事で、体内に取り込まれた脂肪を消化器官で吸収可能な脂肪酸やモノグリセリドへの分解を阻害する効果を示し、体内に取り込まれた脂肪の約30%が未消化のまま便として排出されます。
結果として、摂取カロリーが軽減され、高いダイエット効果が期待出来ます。
又、ゼニカルを服用し続ける事でダイエットに付き物のリバウンドの恐れが無く、体重のセルフコントロールが比較的容易に出来ます。

しかし、脂肪が未消化のまま排出される為に、ビタミンAとD、E、Kなどの脂溶性ビタミンも体外に排出されてしまう副作用があり、脂溶性ビタミンの不足を放置すると美容の大敵である肌荒れや月経不順、免疫力の低下、血行不良など様々な症状を発症してしまいます。
その為、ゼニカルの長期服用に際しては不足する脂溶性ビタミンやミネラルなどをサプリメントで補充する必要性があります。
サプリメントの服用に際しては、ゼニカル服用から2時間以上間隔をあけて、ゼニカルの影響を受け無い様に服用する必要があります。

関連記事
人気記事一覧