そのお腹の脂肪が取れることを諦めていませんか?痩せたくても運動は苦手だし、食べることも大好きだというあなたにぴったりなダイエット法があります。ゼニカルという脂肪の吸収を防いでくれる医薬品を使うことです。当サイトで詳しくご紹介します!

肥満体型解消にゼニカルと酢野菜ダイエット

肥満体型は子供っぽく見られてしまいます。
ぽっこり出たお腹、まん丸な顔、と幼児が持つ特徴を兼ね備えているので、子供っぽく見えます。
子供ならこれから成長期を迎えてスラリと身長が伸びていきますが、大人は放っておいても変化することはありません。

大人の場合は、食べ過ぎや運動不足が肥満体型を作り出している原因です。
これを解消するには、食べ過ぎをやめて運動することが大切です。
頭ではわかっていても、これを実行するのは難しいです。

そこで、もっと簡単にゼニカルというダイエット薬を使ったダイエット方法を紹介します。
薬を使ったダイエットというと疑わしい感じがしますが、ゼニカルはアメリカでも肥満症や糖尿病の治療薬に認められている正式な医薬品です。
決して怪しい薬ではなく、FDA(アメリカ食品医薬品局)からも認可されています。

膵臓から分泌されるリパーゼという酵素の働きを阻害することで、脂肪が分解できないようにして便と一緒にそのまま排出させます。
摂取脂肪カロリーのうち、約30%を未吸収で排出できるとされています。

痩せたいけれどもゼニカルを使うまでではないという人であれば、酢野菜ダイエットがオススメです。
3食のうち1食を酢野菜に置き換える方法です。
酢野菜は野菜を切って塩を振り、酢に一晩つけるだけで作ることができます。
野菜は何を使っても良いです。
パプリカ、きゅうり、カブ、ニンジン、などが相性が良いです。

酢には脂肪燃焼を促す、空腹感をやわらげる、ストレスや疲労を回復させる、などの効果が期待できます。
1日のうち1食を酢野菜(100g)に置き換えるだけの簡単なダイエットなので、細かい決め事があるダイエットが続けられない人に向いています。

関連記事